ゼロから始めた大型自動二輪(XL883N アイアン)

30代最後の歳に一念発起し普通二輪→大型二輪を取得。ハーレーのスポーツスター「XL883N アイアン」を購入した中年の雑記

インジェクションチューニング後の不具合について、ディーラーからの回答

2017モデルのXL883N(アイアン)をディーラーにてスクリーミンイーグルスーパーチューナーを使用してインジェクションチューニングを行った後、何故かデジタル表示されるギアポジションが表示されなくなった不具合について、ディーラーから回答が来ました。

一応ディーラーからハーレーダビッドソンジャパン経由で本国に問い合わせを行ってくれたそうです。

f:id:redirondenim2017:20170821011145j:image

 

 

結論から言うと

「分からない」

っということです。

 

この不具合が2017モデルのXL883N(アイアン)のみで出ていて、スクリーミンイーグルのチューナーでインジェクションチューニングすると出る不具合なんだそうです。

 

本国が言うには

「You、スーパーチューナーはレース用なんだからギアポジションなんか出るわけないじゃないか!はっはっ!」

ってことらしいのですが、ディーラーの話によるとスーパーチューナーの廉価版であるストリートチューナーでも同じような不具合が出ているとのこと。

 

まあ乗る分にはギアポジションが表示されなくても別に構わないんですけどね。

ただチューニングによって乗りやすくなった為、ついつい幻の6速を探すようになってしまったのが難点でしょうか(笑)